インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

bochi運営日誌

遺書についての記事

遺書の日付を手動で入力する

遺書を書く際に、任意で記載日時を入力できるようにしました。
ノートに書き貯めた手記などから転載する時に利用していただければと思っています。

遺書の投稿フォームの下のほうに「記載日時」という設定項目が追加されています。

記載日時設定

デフォルトでは「現在日時」になっていますが、ここで「手動入力」を選ぶと、すぐ下に日時のプルダウンメニューが出現します。

手動入力

生まれた年から現在の年までが選べるようになっています。
生まれる前や未来の日時を選択すると、エラーになって投稿できません。
転載する日記帳などに日付が記してあれば、それをここで選択します。

掲載が完了すると、遺書の下部に入力した日付が表示されます。

遺書

古い日時を手動で設定した遺書は「bochi全体の最近の遺書」に表示されません。
遺書アーカイブでもあくまで設定した日時に基き、新しい遺書から順に掲載されます。

なおスパム対策として、遺書の編集画面では日時を変更できないようになっています。
一度掲載した遺書の日付を変更するには、一旦削除してからもう一度新たに投稿するしかありませんのでご注意ください。

遺書・遺品の公開設定項目追加

遺書・遺品の公開設定項目を追加しました。
掲載フォームで公開時期と公開範囲をこれまでより詳細に設定していただけます。

遺書・遺品公開設定

具体的には、公開範囲に「家族に公開」「友人に公開」「親族に公開」が追加されています。

「家族に公開」を選ぶと、既に家族登録が完了している方だけに該当する遺書・遺品が公開されます。
「友人に公開」は、これまでに「家族・友人」として登録した方のうち家族登録をしていない方と、新たに友人として登録した方に公開されます。
「親族に公開」は、家族登録した方の家族やそのまた家族など、代々家系図的につながる方々に公開され続けていきます。
子々孫々伝えていきたい内容に関しては、こちらをお選びください。

公開時期に関してはこれまでどおり、「今すぐ公開」と「死後公開」が選べます。
これによって公開設定の選択肢は、公開時期の2種類と公開範囲の5種類の組み合わせに「公開しない」を足して11種類となりました。

これまでの設定を一括で変更する際には「設定変更」ページの下のほうにある「遺書・遺品公開設定の一括変更」をご利用ください。

遺書・遺品公開設定の一括変更

またメモの公開設定にも「家族に公開」と「友人に公開」が新たに追加されています。

メモ公開設定

より詳細になった公開設定をどうか有効にご活用ください。

◎追記(2009年2月18日)
公開範囲の設定項目に「一般公開」を追加しました。

遺書・遺品の一般公開について

◎追記(2009年5月13日)
「家族・友人」の名称を「関係者」に変更しました。

絵文字を導入してみました

これまで携帯版から絵文字を使って遺書や遺言状を投稿した場合は、内部変換してパソコンでもそれなりに絵文字を表示していたのですが、パソコンからの投稿で絵文字を使うことはできませんでした。
今回若年層のユーザーの方から、パソコンで絵文字が使えたらいいかも、とのご意見をいただき、取り急ぎ実験的に導入してみることにしました。
現在は遺書の投稿・編集画面でのみ絵文字が使えるようになっています。

遺書の投稿・編集画面で本文入力フォームの上にある「絵文字」をクリックすると、使える絵文字が一覧表示されます。

絵文字一覧を表示する

絵文字をクリックすると、本文入力フォームに絵文字識別番号が追加されます。
フォーム内で使いたい箇所にカーソルを合わせてから絵文字をクリックしてください。

絵文字一覧

この段階ではまだ絵文字として表示されませんが、確認画面へ進むと選んだ絵文字が表示され、それでいいかどうかを確認できます。

確認画面

遺書に絵文字を使うという行為自体、なんだかとても不思議な気がしますが、これからはそういう時代になっていくのかもしれません。
残された遺族の方にとってのささやかな安らぎになることを祈っています。

参拝しているお墓の最新情報

友人申請をするほどの間柄ではないけれど、新しく遺書が掲載された時はチェックしておきたい。
そんなこともあるかと思います。
これまでホームの最新情報には、友人と仏間と自分の情報しか表示されませんでしたが、今回それらに加えて参拝リストに登録しているお墓の遺書情報が表示されるようになりました。

お墓を参拝リストに登録するには、今後も参拝したいお墓のページで、チェックの印のついた丸いアイコンをクリックします。

参拝リストに追加

登録確認画面で「はい」を選択すると、ホームの左サイドに「参拝しているお墓」として遺影アイコンが表示されるようになり、最新情報にその方の遺書情報が加わります。

最新情報

参拝リストも最新情報も、あくまで自分のホームにしか表示されませんので、誰のお墓を参拝しているかを他の参加者に知られることはありません。
ブラウザの「お気に入り」のような感覚で、気軽にご利用ください。

簡単便利なサイト引用

遺書やメモで一部大手サイトの情報を簡単に引用できるようになりました。
基本的に遺書やメモを書く際、引用したいページのURLをそのまま本文の入力欄に貼りつけるだけでOKです。
対応しているサイトを以下紹介します。

動画はYouTubeとUSTREAMに対応しています。
YouTubeの例:http://jp.youtube.com/watch?v=qQ_xo_4nh2A

YouTube

飲食店はぐるなびとホットペッパーに対応しています。
ぐるなびの例:http://r.gnavi.co.jp/n724501/

ぐるなび

宿泊施設は楽天トラベルに対応しています。
例:http://r.gnavi.co.jp/n724501/

楽天トラベル

商品は価格.comに対応しています。
例:http://kakaku.com/item/00109019354/

価格.com

地図はGoogleマップに対応しています。
Googleマップだけはページの右端にある「リンク」をクリックして表示されるURL(上の行)を貼付けてください。

リンクURL

例:http://maps.google.com/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.705497,139.654716&
spn=0.003298,0.003358&z=18

Googleマップ

遺書の中で紹介するもよし、付箋がわりにメモに貼りつけておくもよしです。
対応していないサイトのURLは単純にテキストリンクとして表示されます。
有意義にご活用ください。

メニューの項目移動について

サイト上部のメニューボタンの項目と並びを若干変更しました。

メニュー

全体系(上の行)の項目にあった「遺書一覧」と「遺品一覧」は自分系(下の行)の項目「遺書」と「遺品」に吸収し、右サイドの最新5件の下にある「もっと見る」をクリックすることでこれまでの一覧が表示されるようになっています。
代わりに「形見分け」と「オプション」を全体系に入れておきました。
「形見分け」は友人から希望相続者に選ばれた遺品の一覧が表示されます。
「オプション」は最近中身が増えてきて、「設定変更」からしかいけないと不便な気がしたので、ワンクリックで行けるようにしました。

自分系(下の行)のメニューに関しては、「略歴」と「年表」が「人生まとめサイト」のとっかかりとしてふさわしい気がしたので、「ホーム」のすぐ右側に配置し直しました。
新メニューの「年表」についてはまた別途紹介します。

喪主への連絡事項を記載する「覚書」は今回「喪主」の項目に吸収しました。
1ページにまとまってたほうがわかりやすいと思ったので。
これまでに記載された内容はそのまま移行しています。

あと「足跡」はmixiの「あしあと」と混乱するようなので、「メモ」に項目名を変更しています。
中身は何も変わっていません。

以上しばらくは違和感を感じるかもしれませんが、今後はあまり変更しないつもりなので、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

面影の映像にYouTube追加

これまでUSTREAMを使ってWebカメラで撮った映像しか表示できなかったので、今回YouTubeにアップした動画をそのまま「面影の映像」としてお墓のサイドに設置できるようにしました。

YouTubeのアカウント作成〜アップロード関連はGIGAZINEなどを参考にしてください。

GIGAZINE – YouTube日本語版の使い方

YouTube上に動画が用意できたら、bochiの「設定変更」から「オプション設定」画面を開きます。

オプション設定画面

「面影の映像URL」でまずUSTREAMを使うかYouTubeを使うかを選択します。
今回はYouTubeのラジオボタンにチェックを入れ、その後用意した動画ページのURLを入力します。
URLは「v=」以降の11ケタのIDだけでもOKです。

bochi内の公開設定は生前からか、死後からか、友人までかを選べます。
但しYouTube上でプライベート設定をしていると他の人が閲覧できなくなりますので注意してください。

「設定」ボタンをクリックすると「自分のお墓」ページで右サイドに「面影の映像」として表示されていることが確認できます。

面影の映像

なお遺書の投稿画面では文中にYouTubeのURLを貼付けると、自動的に遺書の書面上で映像が表示されるようになっています。

お墓に自分の映像を表示してみる

Webカメラを持っているか、あるいはパソコンに内蔵されていることが前提になりますが、USTREAMを使ってお墓のサイドに自分の映像を表示できるようになりました。

1.USTREAMの登録について

アカウントの開設はいたって簡単で、USTREAMトップページ右上の「Sign Up」をクリックします。

sign up

開いたウィンドウにログイン名、パスワード、誕生日、メールアドレスを入力します。

New Account

これで完了です。

プロフィール入力画面はとりあえずスルーして「My Shows」のボタンをクリックすると、「My First Show」が表示されます。

My First Show

適当にショーの名前を入力して「BROADCAST NOW」をクリックすれば、別ウィンドウで操作画面が開き、速攻で生中継や録画がスタートできます。

操作画面

2.生き様の生中継について

例えば現在寝たきりの状態であったとしても、生中継映像を公開することで、親族やヘルパーさんに生存状態を確認していただくことができます。

USTREAM操作画面の「START BROADCAST」と書かれた緑色のボタンをクリックすると、自動的に中継が始まります。

START BROADCAST

これをお墓に表示するには、まず「MY Shows」で「Go to Show URL」をクリックし、開いた画面で「Open in popup window」のテキストリンクを探します。

Open in popup window

見つけたらその文字の上で右クリックしてリンク先のURLをコピーします。
(例)http://www.ustream.tv/123456.usc

コピーしたURLをbochiの「設定変更」→「オプション設定」で「生中継URL」に貼付けてください。
これでお墓の右サイドに生中継映像が表示されるようになります。

生中継

3.面影の映像について

USTREAMでは生中継と別に、Webカメラの映像を録画して保存する機能があります。
これを使ってお墓のサイドに参拝者へのご挨拶などの映像を表示することが可能です。

USTREAM操作画面の「START RECORDING」と書かれた緑色のボタンをクリックすると録画が始まり、「STOP RECORDING」で録画が終了します。

START RECORDING

録画終了後、プレビューしてOKなら「Save」ボタンをクリックします。

save

ここではじめて映像が保存されます。
その際、「Private」にチェックを入れておくと、USTREAMのサイト上では自分以外の人に観られないようになります。

これをお墓に表示させるには、メニューの「MY Shows」の右にある「My Videos」ボタンをクリックし、開いた画面で「URL」と表示されたテキストボックスを探します。

URL

見つけたらそこに書かれているURLをコピーします。
(例)http://www.ustream.tv/recorded/123456

コピーしたURLを生中継同様「オプション設定」で「面影の映像URL」に貼付けてください。
これでお墓の右サイドに面影の映像が表示されるようになります。

面影の映像

以上、USTREAMを使った映像の表示方法について解説しました。
なお遺書の投稿画面では文中にURLを貼付けると、自動的に遺書の書面上で映像が表示されるようになっています。

週末の地道な作業

地味ながらも週末ちょこちょこいじった点についての報告です。

1.ホームの最新情報に「NEW」マークを導入

何を今更感はありますが、タイトルに「NEW」マークが付いていたら、それは過去3日以内に掲載または更新されたことを示しています。

2.「遺書」と「遺品」の右サイドにbochi全体の情報を表示

単純に「遺書一覧」と「遺品一覧」から最新の5件をピックアップして表示しているだけです。

3.「友人」と「友人管理」の右サイドに招待中のアドレスを表示

bochiに招待中のメールアドレスがあれば表示します。なければ変わりありません。

以上、大勢にはほとんど影響のない週末の作業報告でした。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示